任意整理 メリット デメリット

任意整理のメリットとデメリット

借金問題を解決する方法の1つとして【任意整理】があります。

 

借金をする男性

 

任意整理とは裁判所を通じて手続き行う自己破産を避け、弁護士や司法書士を通して直接賃貸業者と返済方法を話合い借金を整理する方法であり、最近は自己破産ではなくこの任意整理を選択する人が増えてきています。

 

 

そして、任意整理にはいくつかのメリットがあります。それは、賃貸業者に過去の返済で利息を高く支払い過ぎている場合、この過払金を残っている返済金額から差し引いて返済額を減らすことができるという点です。

 

 

仮に過払金がなかったとしても、今後支払う予定の利息は払わずに済むようになっている為、支払の負担を軽減する事ができます。

 

 

また、複数の賃貸業者から借入をしている場合、全ての賃貸業者ではなく一部の賃貸業者だけを整理することも可能となっています。

 

 

つまり、会社から借金しているケースなどは、会社側に借金整理をしていることを知られずに、債務整理をすることも可能なわけです。

 

 

何よりも任意整理をすることで、借入先からの催促が無くなるので精神的な負担が軽減されます。というのは、弁護士が債務整理を受任した段階で、督促はできなくなるからなんですね。

 

 

その反面、任意整理にもデメリットがあります。借金の一部である利息分がカットされるだけなので、利息を引いた金額は支払う必要があり、月々の支払を減額できても借金の返済は続きます。

 

 

ですので、自己破産のように借金が完全にチャラになるという訳ではありません。

 

 

また、賃貸業者によっては任意整理手続きを拒否する場合もあるので注意が必要となります。もう一つ重要な点として任意整理をすることで信用情報機関に名前が載ってしまう為、約5年ほど借り入れができなくなってしまうことです。

 

 

このようなデメリットがあるため任意整理で支払いが難しい場合は、借金返済の必要が無くなる自己破産などの手続きをとる必要があります。最後に任意整理を依頼する司法書士によって相談料や借金整理の手続き費用などが異なる為、先に無料相談を受けてみるのも良いでしょう。

 

 

当サイトでも無料相談を受けてくれる法務事務所を以下のページで紹介していますので、そちらをご覧になってみてください。
矢印支払督促が届いたらどうすれば良い?