債務整理 方法 解説

急な出費をしのぐために、消費者金融から借りてしまったお金。

 

何気なく使っていたカード。

気がついたら、使うための借入れなのか、返済のための借入れなのか分からなくなって、返済不能に・・そんな状態で悩んでいる方も少なくないでしょう。

 

借金の返済がdけいない男性

 

悩んでいても解決しないどころか、どんどん状況は悪化していきます。思い切って弁護士に相談してみませんか?

 

 

負ってしまった債務をどう整理するのかがよく分からず、二の足を踏んでいるあなたのために、債務整理について簡単にご説明しましょう。

 

 

債務整理といっても、3種類の方法があります。

 

@任意整理、そしてA破産、さらにB個人再生です。

 

まず@任意整理は、裁判所を介さずに、弁護士が債権者(貸金業者やカード会社)との間で直接交渉をして、あなたが無理のない返済ができる内容で和解をして処理する方法です。

 

 

この方法は、ある程度、まとまったお金を毎月返済に回せる方でないと利用できません。

 

 

 

次に、A破産とB個人再生は裁判所を介する手続きです。

 

 

前者Aは、破産申立てをすることによって、借金を返済する義務から免れます。簡単にいうと、借金がチャラになるということです。

 

 

後者のB個人再生は、初めて耳にする方もいらっしゃると思いますが、おおまかにいえば、借金の総額をギュッと圧縮して、その圧縮した金額を

 

 

原則、3年以内で返済すれば、残りの借金については、返済義務を免れるというものです。

 

 

例えば、総額600万円の借金を抱えている場合、5分の1に圧縮されるので返済すべき金額は120万円となりますね。

 

 

この120万円を3年、つまり36回で返済しますから、毎月約34,000を返済することになります。

 

 

これだけ返済すれば、あなたは晴れて自由の身です。

 

 

それなら、全く支払う必要のない破産を選んだ方が良いのでは?と思う方も多いでしょう。ところが、個人再生のメリットはちゃんとあるのです。

 

 

何よりのメリットは、「住宅を守れること」にあります。

 

 

破産する場合は、例外なく持ち家を手放さなければなりません。ですが、個人再生の場合は、住宅ローンの返済は今までどおり行って、持ち家に住み続けることができます。

 

 

このように、返済不能の債務を負ってしまった方たちを救済する手段はきちんと用意されています。

 

 

解決できない借金問題はありません。勇気をもって、弁護士に相談してみて下さい。きっと笑顔を取り戻すことができますよ。

 

 

無料で相談に乗ってくれる弁護士がいる法律事務所は次のページでも紹介しています。消費者金融やクレジット会社からの督促におびえている方は、一度ご覧になってみてください。

 

 

1人で悩んでばかりいるよりもプロの弁護士や司法書士に借金問題の解決をお願いした方が、きっと良い結果になりますよ。

 

借金の支払督促が届いたときの対処方法