過払い請求 90万円

過払い金請求の体験談

今から2年くらい前の話です。私は25年くらい前に脱サラして学習塾を自営業で始めたのですが、軌道に乗るまでは当然ながらアップアップの生活でした。

 

借金をした男性

 

なにしろ収入がまったく無く、それまでの貯金を切り崩す生活でした。しかも独立開業するために金融機関からの借り入れもあり、その返済もきつかった覚えがあります。

 

 

そんな生活の中で、生活費に困り、藁にもすがる思いで消費者金融に手を出しました。金額にして百万円の借り入れです。

 

 

ただ、融資を受けたのは1回だけでは終わりませんでした。毎月「返済しては借りて」の繰り返しで仕方なく次の消費者金融に借りて返済にあて、たまに収入がたくさんあったらまとめて多めに返済する、ということを繰り返していました。

 

 

 

いわゆる自転車操業や回しと呼ばれるやり方での借金返済でした。総量規制がかかった今ではこんな手法はできませんし、今思えば、よくこんなやり方で生活が出来たものです。

 

 

それでも何とか耐えて、おかげさまで事業もうまく回転するようになり、少しずつ暮らしぶりが改善するようになりました。

 

 

そして、3年くらい前のある秋の日、思い切って弁護士事務所に過払い金請求の相談をしてみたんですね。

 

 

よくテレビや新聞などで過払い金請求のCМなどが流れていたので、自分も対象だったらいいな、というダメもとの軽い気持ちでした。

 

 

すると、過払い金が発生しているとの知らせがあり、直ちに手続きをして頂きました。金額はおよそ120万円でした。弁護士と消費者金融との折衝で、一年後に3分割で40万円ずつ返すという取り決めになりました。

 

 

そこから弁護士報酬を差し引き、最終的に約90万円くらいが自分の手元に入ってきました。自分にとってはまったくあてにしていなかったお金です。

 

 

その直後のことです。山梨に住む兄夫婦から娘さんが結婚するとの連絡をうけ、鹿児島に住む私たち家族四人で結婚式に参列することにしました。費用は覚えていませんが、交通費と御祝儀でかなりかかったことは確かです。もちろん、その費用は過払い金請求で返還されたお金で十分まなかえました。

 

 

タイミングとしてもあまりにも出来すぎていて、なんだか神様からのプレゼントに思えました。とてもありがたい出来事でなんだか借金をしていたのに、貯金をしているような不思議な感覚でした。

 

支払督促が届いたらどうすれば良い?